セカンドライフのためのおじさんライフハック

おとなの寺子屋

モンハン, モンスターハンター

education game hobby Life parenting

モンハンを通して教育を考えた話。武器を磨く。狩りに行く前の訓練所が学校。

2021年2月21日

こんにちは、Niicanです。

今日はモンハンやってて、考えたことを徒然なるままに。

社会=モンスターのいる世界、授業の教科=武器

いつものように、子供と4人でモンハンやってたら、ふと、これって教育に応用できる、と思いました。

学校では、いろんな授業を受けますね。

国語、数学、理科、社会、英語、体育、美術、技術家庭、音楽。

これらは皆、社会で生きていく上での武器だ。

つまり、いろんな武器を渡されているということです。

モンハンで言う、大剣、双剣、片手剣、太刀、ランス、弓、etc...

なぜ武器を渡されるのか、考えてみました。。

それは、この社会で生き抜いていくには、素手(無勉強)ではとても勝ち目はないからです。

たちどころにモンスターの餌食になってしまう。

何故でしょう?

高度に文明が発達した現在では、人と人との間での価値の交換がお金で行われるようになり、

経済活動ですべてつながっているからです。

その中で、何らかの形でお金を手にすることで、生きていくための必需品を手に入れられるようになっています。

いわば、知のバトルロイヤル状態なんですね。

モンスターを狩るには、武器の性能と、高いプレーヤースキルが求められます。

どの武器を選ぶのか?

武器

このように考えると、自ずと学校の意義がわかってきます。

世の中には色んな仕事があり(モンスターがいて)、それぞれに相性の良い学問(武器)があります。

そして、それぞれの学問(武器)には特性があり、どの武器を選ぶかは、生徒の好みによります。

どのモンスターと戦うのか。そのためにはどの武器がいいのか。

農業でもいいし、会社づとめでもいい。プロスポーツ選手を目指してもいいし、海外で起業したっていい。

目標を定めて、必要な武器を選び、手に取り、磨いて、鍛錬するだけですね。

そのために学校があるのではないでしょうか。

問題は、それに気づいていない人が多いこと。

この、学校で習得できる武器は、ほぼ無料です!

何回質問してもいいし、いくら磨いてもいいんです!

考え直してみよう

恵まれた環境に気づかず、

勉強を、やらされていると思う人のなんと多いことか。

(自分もそうでした(泣))

武器を磨いてスキルを身につけるのもいいし、

一つの武器に特化することも良いでしょう。

ただし、一つの武器でなんでも攻略できるわけではありません。

剣だけではだめ。時には弓も必要です。

いくつかの武器に精通し、状況に応じて使い分けることがときに必要になってきます。

ただ、得意不得意はありますね。

大事なのは、弓が使えるかどうかではありません。

会社で働く時(マルチプレーする時)は、もっと俯瞰して、自分の役割を捉える必要があります。

自分はパーティーでどの役割を期待されているのか。

接近戦なのか、サポートなのか、遠距離からの射撃なのか。

そうすると、自分の役割に集中できるでしょう。

そうすると、戦う前の戦略の重要性がわかってきます。

教える側の視点からも考えてみた

この視点で見ていくと、自ずと教える側の問題も見えてきます。

この先、どんな敵が出てくるのか。(社会はどう変わっていくのか)

どんなふうに武器の特性を生かして攻略していくのか。

使いやすい武器、汎用性の高い武器はどれか。

一見派手でかっこよくても、使いづらい、終盤でいい武器がない、この作品でのバランスは悪い、など

諦めたほうが良いこともあります。

教師が具体例を示して、楽しさを教えられると、

生徒が武器をもっと考えるようになるかもしれませんね。

おわりに

いかがだったでしょうか。

モンハンやりながらいわれても、ですって?

ひえー

でも、一理あると思いませんか?

ちなみに私は、チャージアックスと操虫棍が好きです(真顔)。

-education, game, hobby, Life, parenting
-,

Copyright© おとなの寺子屋 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.